簡単!オリジナルバッチを作成しよう!

TOP > オリジナルバッジについて > どんなオリジナルバッジを製作できるのか

どんなオリジナルバッジを製作できるのか

オリジナルグッズを自主製作する人も増えてきました。
需要が増えてきたことで、サービスを提供する側も質の高いサービスを実現しています。
本格的なデザインやロゴを考えて、原稿として入稿してきます。
実際に、同人誌即売会などで、オリジナルグッズを販売している人達でもあり、プロ顔負けの人もいます。
しかし、反対に初心者もおり、色指定なども中々感覚が掴めないこともあります。
こういった指定は、完成品を左右する大事な部分です。
多くの場合が、色見本なdがありますが、一番は経験を重ねていくことで、学んでいくしかありません。
デザインなどが苦手な人には、テンプレートを貸し出していたりもします。
それらを組み合わせることで、デザインをやったことがない初心者でも、簡単にオリジナルバッジを完成させます。


どんな素材が使えるか、印刷の方法はどんな手法ができるのかなどが比較できます。
それと同時に、製作期間がどれくらいかかるかも、問題になってきます。
まずは、オリジナルバッジが必要になる日から、逆算していきます。
どの日までに入稿しなくてはいけないかを計算して、用意をしていきます。
印刷会社に入稿するのは、デーダ入稿でも可能ですが、オリジナルバッジを手元、もしくは会場に運ぶには時間が必要です。
そこの計算もきちんとして、余裕を持って入稿できるようにしておきます。
それでも、デザインなどをしていると、時間が押してしまうこともあります。
そんな時には、製作時間が速い印刷会社を見つけておくことです。
最終的なぎりぎりの日に間に合うように、準備をしておきます。
遅れを取り戻すには、印刷会社の特徴を知っていなくてはできません。


一つの印刷会社に頼ると、製作過程によって完成させることができなくなります。
そこで、必要となる印刷会社を選んで終わりにしては損です。
中には、速さを売りにして、短い期間で仕上げてくれる印刷会社もあります。
原稿の遅れは、こういった印刷会社を利用することでカバーできます。
それぞれの特徴を理解して、今回はこんな趣旨で製作したいから、この印刷会社をと選んでいくと、やれることも増えてきます。
始めは、入稿することも大変だし、在庫を抱えるのもしんどいですが、自分の創作物が誰かの購買意欲を動かしたという事実が、自信となります。
創作活動をするモチベーションにもなります。
印刷会社は、比較して、一番趣旨に合っているのを選んでいきます。
特徴を理解して付き合っていくことで、創作活動を支えてくれます。

次の記事へ

TOPへ